fc2ブログ
みみTODAY
坂本真綾ライブin名古屋
一体どういう訳なのか、ふと気付いたら名古屋でした。

090121maayalive1.jpg


理由は、坂本真綾さんのライブを観に行くため。

・・ちょ、え?何? おっかけですか?
という声が聞こえてきそうだが、結論から言うと
確かに半分はそうなのです。仕方ない。
でもオレのせいではないのです、ホント。

残りの半分を言い訳・・もとい、説明するならば、
大の坂本真綾ファンを自負する鷲崎さんのせいなのです。

今週末に武道館でコンサートをする真綾さん。
その日レギュラー番組があるのでどうしても観に行けない
鷲崎さん。
「だったら、名古屋公演を観に行こうよミノルさん」
という訳です。

しばし躊躇するオレ。
だって、真綾さんの歌は結構好きだけど、
そんな献身的なファンでは全然ないもの。

鷲「今回、ドラムが佐野康夫さんらしいよ」
オレ「乗った!」

即答でした。
なぜ乗るか。


そんな訳で、なんと実費で名古屋くんだりまで遠征。
仕事でもなく、業界人の手厚いもてなしを受ける
でもなく、こんな事って正直お互いに初めて。

さてライブの方はと申しますと、演出・照明含め
とても手の込んだ(お金のかかった)ゴージャスな
ステージに圧巻。

そして新譜のナンバーから旧曲にいたるまで
ドラマチックな展開にお腹いっぱいという感じでした。

それにつけても佐野康夫さんのスゴさ。
オレにとってはこの一言に尽きます。

日本のトップドラマー3傑に間違いなく名を連ねるで
あろう佐野さんの生プレイ。

ライブの3分の2以上、ドラムを見てました(笑)

演者のはしくれとして、人様のステージをそんな風に
見てしまうのは決して褒められた事ではないけど
あまりの表現力と存在感に圧倒されちゃいました。

さて、その後なんだかんだゲストパスをいただき
楽屋挨拶に赴いたわけですが、直に真綾さんに
ご挨拶することができました。

そして帰り際、前方8メートルほど先に
こちらを向いている佐野康夫師匠を発見!

が、もちろん声をかける勇気などあるはずもなく
「お疲れ様でした~」とほんの軽い会釈。

よっしゃ!オレは佐野さんに挨拶した!
次もし会っても絶対に覚えてもらえてるワケないけど
オレは挨拶したぞぉぉー
したんだ、確かに!

この日気付いたけど、オレは多分ファンです。
佐野康夫の。
それも重度の。

ここまでなのは青純さん以来だな。

会場を出てからは後から来たフィアリー氏と合流し、
風来坊で手羽先を食う。

Image051.jpg

山ちゃんにはもう飽きてしまったので、風来坊。
ここも何度か来ているけど、ウマイ。
今日のライブの感想を語り合いながら飲む
大の大人たち。

Image052.jpg

一夜明けて、オレは仕事のため一人東京に。

そうです。
鷲崎さんとフィアリー氏は、大阪まで移動して
大阪公演を観るつもりなのです!

おっかけです。
あなたたちは、100%完璧なおっかけです。
スポンサーサイト